ブログ運営

アドセンスのクリック単価が低すぎる!単価を上げるコツやオススメのジャンルを紹介

アドセンスの単価が低すぎる
「アドセンスのクリック単価が低すぎる」
「クリック単価を上げる方法はないのかな?」

こんな疑問を解消します。

 

Googleアドセンスにおける収益はクリック数×クリック単価で決まります。

クリック単価が2倍になることは実質PVが2倍になるのと同じであるため、アドセンスで稼ぐ上では非常に重要です。

そこで今回はクリック単価が低い理由や上げる方法について紹介します。

 

本記事を参考にするとクリック単価が低い理由や上げる方法を知ることができます。

[jin_icon_check color="#e9546b" size="18px"]記事の内容

・クリック単価が低い理由

・クリック単価を上げる方法

・クリック単価の高いデバイスの説明

・アドセンスの誤クリックについて

アドセンスのクリック単価が低い理由は2つある

 2つの理由

クリック単価が低い理由には主に以下の2つが主に挙げられます。

・サイトを見ているユーザーの年齢層が低い

・サイトで扱うジャンルがバラバラである

それぞれ解説します。

サイトを見ているユーザーの年齢層が低い

クリック単価はサイトを訪れるユーザーの年齢層にかなり左右されます

具体的に言えば30〜40代はクリック単価が高く、10〜20代はクリック単価が低いです。

 

理由は単純で学生のように働いておらず所得が低いユーザーには広告も単価が低めのものが表示されやすくなっています。

クリック単価は押された広告の単価に比例するため、漫画やゲームのような低単価の広告が中心に掲載される10代〜20代がよく見るサイトはクリック単価が10円台になってしまうことが多いです。

対して年齢層が高いユーザーにはクレジットカードやFXなどの金額が高い広告が表示されやすいため、クリック単価も平均で40円以上になることも珍しくありません。

サイトで扱うジャンルがバラバラである

一般的に書かれている記事のジャンルがバラバラの雑記サイトはクリック単価が低く、何らかのジャンルに特化しているサイトは単価が高いと言われます。

これは概ね正しいのですが、厳密にいえば高単価ジャンルの特化サイトは広告単価が高い傾向にある」というのが正しいです。

仮に特化サイトでも、ゲームの特化サイトではクリック単価は低くなります。

特化サイトのクリック単価が高い理由

特化サイトのクリック単価が高くなるのは、ジャンルに特化しているとGoogleがアドセンス広告を出す際にそのジャンルにあった広告を出してくれるようになるためです。

特定のジャンルに特化していることで、広告を高単価のものだけを表示できるように、ある程度コントロールができるようになります。

また特化サイトは広告のクリック率を表すCTRも高くなりやすいです。

アドセンスのクリック単価を上げる方法

アドセンスのクリック単価を上げる方法

アドセンスのクリック単価を上げるためには以下が有効です。

・高単価ジャンルの記事を書く

・パソコンで見てくれるユーザーを増やす

アドセンスのクリックを上げるには高単価ジャンルの記事を書くことが大切

アドセンスのクリック単価を上げるには高単価のジャンルに関して記事を書くことがもっとも重要です。

具体的には大人が好むテーマを書くと良いでしょう。

大人が悩むテーマと言えばズバリお金ですね。

 

高単価ジャンルには以下のようなものがあります。

・クレジットカード

・FX

・転職

・保険

いずれもお金が絡んでいるものが多いことがわかります。

こういったジャンルでアクセスを集められれば必然的にクリック単価は上がります。

 

また意識が高いビジネスマンが集まるようなサイトも高単価になりやすいです。

こういったユーザーは自己投資にお金を惜しまないことが多いので、広告単価も上がりやすい傾向にあります。

ビジネスマン向けにどんな記事を書いたらわからないという肩は、最近Youtubeで流行っている書評のレビュー系の記事なども面白いかと思います。

PCユーザーはクリック単価が高い

PCユーザーはクリック単価が高い

現代はスマホの普及により、スマホからの流入がかなり多い時代です。

実際サイトを持っている方は7割以上、人によっては9割近くスマホからの流入であるという人も多いかと思います。

これは時代の流れのため仕方のないことではありますが、実はスマホユーザーはクリック単価的にはあまりよくありません

 

理由は押されたアドセンスのバナーはサイズが大きいほどクリック単価が高いためです。

狙ってPCユーザーを増やすことは難しいですが、例えばパソコンソフトに関する解説記事を書くなど工夫をすることでPCユーザーの割合を増やすというテクニックも使えます。

アドセンスの誤クリック狙いはやめた方がいい

アドセンスの誤クリック狙いはやめた方がいい

サイトを見ていると紛らわしい位置に広告をおいているサイトを見かけることがありますがこれは絶対にNGです。

理由はGoogleの「スマートプライシング」という仕組みです。

 

Googleは以下のような「スマートプライシング」について以下のように説明をしています。

 

Googleの公式による「スマートプライシング」
https://support.google.com/google-ads/answer/2604607?hl=ja

Smart Pricing では、Google ネットワークのページでのクリックが具体的な行動につながるビジネス成果(オンラインでの売り上げ、登録、電話での問い合わせ、ニュースレターの購読申し込みなど)につながる可能性が低いと、Google 広告データから判断された場合は、そのページでの入札単価が引き下げられます。

簡単にいってしまえば「クリックはやたらされているが成約する確率が低い場合には広告単価を下げますよ」という意味です。

 

わざと広告を踏ませたしてもすぐに離脱してしまい、収益には繋がりません。

それどころはあまりにひどい場合にはスマートプライシングに引っかかることもあるため、騙すような広告はやらないほうが良いでしょう。

結論:クリック単価をあげるには高単価に絞った特化ブログの方が効果的

クリック単価をあげるには高単価に絞った特化ブログの方が効果的

ここまでをまとめます。

・クリック単価は年齢層が高いほど高い傾向にある

・ジャンル特化サイトはコンテンツに応じた広告が出やすいため、高単価の広告を安定させやすい

結論としては、クリック単価が低い要因はサイトの扱うジャンルにあるといえます。

できる限り高い高単価ジャンルに絞った記事書くことで、クリック単価を高水準で安定されることができるようになります。

 

この記事が参考になれば幸いです。

-ブログ運営

Copyright© わにプログラミング , 2020 All Rights Reserved.